スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツケース詰め殺人犯は創価学園出身

・事件の概略
 2005年5月2日、宮城県加美町一本杉の日焼けサロン店員の女性(19歳)が千葉県松戸市のフリーターの男(23歳)に絞殺された。
 男はJR新宿駅東口で女性と知り合い、自宅に連れ込んだ後、刃物で女性を脅迫して金品を奪おうとしたが、女性に抵抗されたために殺害に至った。
 警察は5月7日に男を死体遺棄の容疑で逮捕。男の自供から、柏市名戸ヶ谷の水田に遺棄されたスーツケースの内部から女性の遺体が発見された。男は強盗殺人の容疑でも再逮捕された。
(事件の2年前にも埼玉県の女性をホテルに連れ込んでキャッシュカードを奪って現金7万円を引き出すという、今回と同じような事件を起こしていた。このときは女性との間に示談が成立して起訴猶予となる。) 

・長谷部泰輔容疑者は創価学会員
ゴールデン・ウィーク中に発覚した凶行ーー。

宮城県から東京に遊びに来た林瑞枝さん(19歳)が、スーツケース詰めの遺体となって千葉県内の水田から見つかった。

「新宿で知り合った男の人と遊びに行く」
そう友人に言い残した林さんの死は、同年代の娘を持つ親たちを震撼させ、思わぬところにも衝撃を与えた。5月7日に林さんの遺体遺棄容疑で逮捕された長谷部泰輔容疑者(23歳)は、公称会員数800万人、日本最大の宗教団体・創価学会と浅からぬ縁があったのだ。

長谷部が卒業した小・中・高は創価学園で、学会員として活動した時期もあります。池田大作名誉会長が創設した学園の教育方針が、行き届かなかったのかと、学会幹部たちは動揺しています」(創価学会関係者)
<『週刊現代』より転載>

・犯行動機
「パチスロで金に窮し、声を掛け親しくなった女性から金をせびろうと考えた。思い通りにならず殺害して金品を奪った」

・裁判判決
無期懲役

・言いたい事
創価学園は、凶悪殺人鬼養成学校なのでしょうか?
それとも幼い時から洗脳教育をして池田氏に従順な舎弟部隊を作っているのか・・・
何れにせよ創価学会は本当に不気味な団体です。

子供を創価学園に行かせるぐらいなので、両親は相当熱心な創価学会員と考えられるが、どうしているのだろうか。
宗教は幸せになるためにやると思うんですが、マグナムにはこの家族が幸せになっているとは到底思えません。
宗教について詳しくはないが、創価学会の宗教は人を狂わせ不幸にするようだ。

・参考ソース
長谷部被告に無期懲役の判決
Wiki_少女スーツケース詰め殺人事件
【創価】スーツケース詰め殺人犯も創価学園出身でした / 週刊現代

あいさつ (〃 ´  ▽  `  )ノ"へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に創価学会は殺人組織だったんですね、家にも創価学会員の公明党員が票を入れろと来ました。因みに家は創価学会ではないです。その後もスーパーやコンビニなどで創価学会員らから脅迫行為を受け、車で進路妨害されたり危険運転を集団で行って来る創価学会でした。創価学会に暴力団もいました。刺青をした創価の暴力団員からストーキングされたりもちろん全て警察に通報しましたけど。勿論絶対に公明党には票を入れませんでしたよ。

で学会員による脅迫言葉ですが、『次は奥さんが狙われる番だ』
『ネットで繋がってると全て書け』と家族を狙わせる発言が創価学会員からありました。
また末端の学会員に60代位の学会員が『創価学会暴力団や生命保険会社とネットで繋がってると全て書け』と命令していたり、被害者らが全て創価学会暴力団と繋がっていると誇張し、工作する内容を指示しているのを何度も目撃しています。
創価学会の暴力団は山口組だそうですが、恐らくスーパーで待ち伏せしていた刺青の創価学会員も暴力団だと思います。

いくら暴力団が脅迫しても公明党には票は入れません。

Re: No title

公明党に入れないだけで学会員の組織がこのようなことをするのかいささか疑問に感じます。もっと他にも組織にとって不都合があるのではないでしょうか。
もしそれだけが原因なのであれば、不幸の元凶とはあまりかかわらず、入れるフリをする方法が宜しいかと思います。

創価学会自体は暴力団ではないですが、金で指示する側なので暴力団より恐ろしいです。
http://japan0609.blog.fc2.com/blog-entry-101.html

学会員はみずからの信仰に絶対の信念をもっていますので、反社会的行為を繰り返す危険な団体にもかかわらず、宗教教義に深く束縛されあやまちに目を向けられません。哀れに思います。

公になっている学会員による事件があること、暴力団との癒着があることは事実です。また権力支配中枢に枝葉を伸ばし(総体革命)、闇に葬られた事件もあるでしょう。
創価学会は日本の政治・経済・治安を破壊する悪性の癌細胞です。
プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。