スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市淀川区・中3少女ひき逃げ事件は創価学会員

・事件の概略
大阪市淀川区で2008/10/18日午前2時55分頃、飲食店員の男性が軽乗用車に約180メートル引きずられ、重傷を負ったひき逃げ事件。
被害者の男性は一命を取り留めたものの、重体。

・犯行動機
「ゲームでうまく運転できたので、やってみたくなった。

car.jpg

・中3少女は創価学会員
「あの家庭は。両親とも熱心な創価学会員でね、地区の指導的な立場の方なのです。自宅で集会を開いたり、忙しく活動していましたけど。娘を注意してくれと頼んでも聞きいれなかった。もう少し三女に関心を向けていたら、こんなことは起きなかったはず」週刊新潮[2008年10月30日号]

 犯人の生活環境は、近所の住民によれば、
「家族は40代後半の両親と姉が2人。父親は鳶職で、母親と2人の姉も働いています。事件を起こした娘は三女で、札付きのワルよね。中学校に入学してから、かれこれ2年、昼間、学校にも行かず、毎晩のように夜遊びして、周囲に迷惑を掛けていました」

いつも仲間の男の子3人とたむろし、無免許でバイクを騒々しく乗り回す。他人のバイクのガソリンを盗んだり、自転車をパンクさせたり…。

「市営住宅のエレベーターに4人組で乗り込んで、体をぶつけて揺らし、地震察知機能を利用して、動かなくしてしまう。何度も住民が注意しましたが、まるで、効果なしです。起きるべくして起きた事件だと思いますよ」

・言いたい事
創価学会だから、子供が非行に走ったと短絡的に決め付ける事は出来ません。無宗教、諸宗教の家族でも子供が非行に走ることはあるでしょう。

しかし、自分の子供もろくに指導出来ない親が、集会を開いて人に指導している?
自分の子供が手が付けられないほど悪くなっているのに、お構いなく宗教活動に没頭する姿が常軌を逸している。

被害者の男性が一命を取り留めただけが不幸中の幸いだったが、子供がひき逃げをしたことで、家族が一生苦しむことは想像に難しくはない。
宗教は幸せになるためにやると思うんですが、マグナムはこの家族が幸せになっているとは到底思えません。
 
国民の多くは気付いてますが、創価学会は「宗教団体が盲信者からお金を徴収している悪徳ビジネス」であることに気付くべきです。

そのお金は世界平和という名の「池田氏の勲章と権力者同士の汚い癒着」に使われ、日本の治安・経済を破壊しています。

創価学会は公称800万世帯といわれていますが、実際はどうでしょう?
新しく信者が増えていませんよね?そして確実に減っていますよね?
なぜでしょう?

それは、ネットや口コミで創価学会がやっている不正に気付き辞めている人、または亡くなられているからです。
不正を公にすることで新しい信者の獲得も難しいでしょう。

そして「聖教新聞に書いてあることは絶対に正しい!!」と思わないことです。

日本のテレビ、マスコミも創価化していますが、新聞は出版側の一方的な情報・都合で作成されていることを知らなければなりません。
「池田氏、上層幹部が嘘を吐くわけがない」と思っている方は、残念ですが重度の盲信となります。書いてあることを正しく読めるまでは目を覚ますことは出来ません。または覚めたくないのかもしれませんね。

創価学会が無くなり世界に平和が戻ることを願っています。

 ・参考ソース
 ☆創価学会員「家庭」に目立つ「非行化」
 ☆『180m引きずり中3少女が育った創価学会家庭』(週刊新潮H20/10/30)

あいさつ (〃 ´  ▽  `  )ノ"へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。