スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ

zen_02.jpg

初めてブログを訪れた方が見やすい様にまとめました。(今の生活に満足だから何も知る必要が無いと言う方は縁が無いので退場して頂ければ幸いです。また面白いことは書いていません。お金・名声・権力が欲しい方はそのようなサイトや本を読みましょう。)

※当ブログに載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。

当ブログに掲載している画像、文章等は、あくまで批評・研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。


最初から順番に読んでいくことで眠っていた魂が少しずつ目を覚まします。読み進める途中で自らの悪行を悔やみ嫌な思いをするかもしれませんが、何も知らずに人生を終わるよりはよいでしょう。これからが大事です。

魂が目覚めれば目覚めた分だけ生活の中で理性を働かせ正しい判断を下せるようになります。全てパーフェクトという訳には行きませんがそこには行為に対して駄目なりの分析や反省が出来る自分がいるでしょう。

文章の中には少しずつですが仏(大霊)との縁が出来るように書いてありますので、素直に受け入れる準備ができた方から自然とマグナムの仲間が仏(大霊)の導きで貴方を苦しみから救いに行きます。そのときはマグナムだと思って優しく向かい入れてもらえれば嬉しいです。(*´∇`*)

これで目覚め100%となりますが、ここが終わりではありません。ここからがはじまりで神々の守護のもと宇宙の自然法則と調和しながら苦難を乗り越え、仏(大霊)へと近付いた分だけ安らぎが得られます。

マラソンで最後まで走りきった人の達成感は、金を払いタクシーでゴールした人には分かりません。金・名誉・権力に執着しても死後の世界では全く何の役にも立ちません。持っていけるのは永遠に存在する魂だけです。

文章を読んでも魂が目覚めやすい方とあまり変わらない方がいます。効果の違いは文章の問題ではありません。

・向いている方
・不向きの方
心の成熟度が高い宗教脳(※)
感受性が高い傲慢・頑固・利己的
若い年寄り
※宗教脳とは、宗教の教理・教義に精神を束縛されている人を意味します。

第一弾
 魂が目覚めるための準備をします。ここが受け入れられない方はこの先も無理でしょう。   
読み飛ばしても魂の目覚めは無く、仏(大霊)との縁も深まりません。時機を改めましょう。
【1】環境【2】因果応報【3】仏の教え【4】他宗教【5】仲間

第二弾
計画的に書かれています。第一弾を読んで残った方のみ先に進みましょう。
【1】仏と神【2】魂の状態

第三弾
第二弾を読んで難しかったけど、もっと先を知りたい方のみ進みましょう。
【1】開眼率【2】領土問題【3】因果律【4】自殺1【5】自殺2【6】宇宙

次に進む前に
お知らせ

第四弾
精神的余裕のある方のみ進みましょう。
【1】地獄界【2】餓鬼界【3】畜生界【4】修羅界【5】人間界【6】天界

第五弾
知識を磨きながら仏(大霊)との縁を深めて行きましょう
【1】怒り【2】ペット【3】金【4】葬式仏教

第六弾
六欲天
【1】四天王1【2】四天王2【3】トウ利天1【4】トウ利天2【5】夜摩天1【6】夜摩天2
【7】兜率天【8】化楽天1【9】化楽天2【10】他化自在天【11】【12】
光明への大切な寄り道
祈りの原点人生の目的神道・神社信仰1神道・神社信仰2
イエスの種まきのたとえ

・読者の方へ
現在、苦難の中で苦しまれている方もいるでしょう。胸の内奥で締め付ける苦しみ・痛みは正常な魂の表現です。病気ではなく誰にでもあるのです。
ただ酷く悪化すると体の自由がきかなくなるのは、魂が王様で体が召使であり魂が体を支配しているためです。
心療内科・精神科が出す薬で体を押さえつけても魂まで抑制することができなことは、医者自身が痛感していることでしょう。

ブログ内に励ましの言葉が一つも出てこない事はご存知でしょうが、みなさんが平穏、幸福な生活を送れるよういつも祈っていることをこの場を借りて述べさせてもらいます。みなさんの幸せ、喜びがマグナムの幸せ、喜び、活力です。ヾ(*´∀`*)ノ

我々には平等に仏(大霊)の光が降り注いでいます。受ける受けないは本人の魂が決めることで、そこに人間が作り出した新興宗教が入り込みどうこう出来る代物ではありません。なぜならそれが不変不滅の宇宙の自然法則というものなのです。

画像元:Source :[Amazing Summer Sunsets To Help You Feel Zen]; from "BuzzFeed"
スポンサーサイト

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

浜辺の写真はいいですね。
いい景色だなぁ…と、思いつつ、流木などを探していました。笑

Re: No title(戯れ人さん)

浜辺の写真はいいですよね。
見てるだけで心を落ち着かせる効果があるのはスゴイと思います。

波の音と潮の匂いを感じながらの宝探しはもっと心と体に良いと思いますよ。羨ましい(*´∇`*)

麦わら帽子を被って黙々と宝探しをしている姿が目に浮かびます。(笑)

No title

訪問コメありがとうございました。
この写真以外にも何枚かありますが、つい先日、娘がメールに添付して送って来た画像を見て鳥肌が立ってしまいました。

Re: No title(俊樹さん)

好奇心から他のも見たいなと思いますが、撮れたほうとしては何で写ったのだろうかと驚いてしまいますね。Σ(゚д゚lll)

どんな心霊写真でもマグナムは解決方法を知っているので全く怖くないですが、霊の波長が物的なので我々の目で見ても認識できるほどハッキリ写ります。

気分を悪くされるかもしれませんが、写真について鑑定したことが書いてありましたがマグナムは快く思いません。
もしお金を取っての鑑定であれば、なおさら最低の行為と言って良いでしょう。道理もなく証明のしようがないことを言うのは感心しません。
もし高級霊の力を借りることができるのであれば、「心配しているではなくて」具体的に「どこを気を付けなさい」とか「ここが悪い」と言うべきですが、お金を取っているのであれば高次元の霊とのチャネリングは無理です。なぜかと問われればお金に執着するような魂の次元が低い者が高次元の霊とチャネリングはできないのです。一言で言えば宇宙の自然法則だからです。
何れにせよ鑑定士には霊に対して何もしてあげることが出来ない、解決もできない、霊能力があるというだけで正しい仏の教え(宇宙の自然法則)を知らないため人々を根本的な苦しみから救うことができない赤子同然の存在です。
おまけにお金を取って人々を惑わせるのですから困った人たちです。

俊樹さんも正しい仏の教えを知ればこのようなことに惑わされることもなくなりますよ。(*´∇`*)

ブログの開示レベルを絞っているのでこのぐらいしかお話しできませんが、女性の方にお祈りを送りました。霊界のことなのでこれでどうなるかは分かりませんが、最終的な解決は本人によるのが一番です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このご縁に感謝します

初めまして。昨日あなたのブログに辿り着き、引き込まれるように読ませて頂きました。
今年になってから、色々な方のブログ等を渡り歩いてきました。
最近まで輪廻を信じなければ、受け止めきれない悩みに、20年以上苦しんできました。こちらに辿り着く前に因果応報の意味を自分なりに解釈理解し、やっと抜け出せたのです。
そして、こちらで間違ってなかったと実感しました。
夢中で読んでしまいました。
私には1歳の息子がいるのですが、教えを読み、更に人間一人を育てるのは大変だな、と感じています。この子がどこの界層からきたのかは分かりませんが、精一杯育てたいと思いました。
ありがとうございました。

Re: このご縁に感謝します(ななまるさん)

初めまして。正しく受け止め持ち帰られましたね。(*´ω`*)
受け止める準備が出来ていなければ何の価値もない文章ですが、受け止める準備が整った方には能力に応じて必要な分だけ説かれ最後は真髄に導く不思議な仏の力です。
入滅した仏は様々な姿で時代やその場所の環境、人々の性質に合わせて必要な教えを説くため、目先の出来事に翻弄され自らに執着する者には、一分も聴くことはできず見ることもかないません。
ななまるさんが、正しい仏の教えが説かれる国に生まれ正しく聴くことができたことは、ひとえに善行を積んできた証拠であり、生まれ変わりにより全てを忘れても善根だけは失いません。仏は全生命そのものなので、ななまるさんがどう悩み乗り越えてきたのか全て知っています。仏の真髄に辿り着きさらなる向上を願っております。

息子さんの界層については、どこかは分からなくても正しく愛情を込めて精一杯育てれば親にとって天界からの生まれ変わりです。過去の父の因と母の縁が混ざり合った結果に息子さんがぴたりと合い選んで生まれてきました。永遠に続く生命です。どこからスタートにしても良いのですから、今日からスタートでも良いのです。善く積み重ねれば善い結果になります。
マグナムも息子さんが安心して幸福に暮らせる素晴らしい未来が開けるよう頑張ります。(*´▽`*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

質問させてください

お久しぶりです。あの瞬間から大分心が軽くなりましたが、旦那の言動にイライラする自分に、まだまだね、(((^_^;)の今日この頃です。
どうしても聞きたい事がありお邪魔しました。
汚染激しい中国に奇形児として、世界中で性的搾取されている子供達、アフリカ等の最貧国に生まれてくる人達は、前世までの積み重ねの結果にその場所を選ぶのですよね。後、性的に被害に遭われた方、虐待される動物達も。
でもその場合、現世で学んで上昇するには過酷すぎるというか…。
押し潰されたまま現世を終わる人々が多いのじゃないかな?
だから、中国なんかは特に、いつまでもあのようなお国柄なのかな?と思うのですが、見解をお聞かせ頂けると嬉しいです

Re: 質問させてください(ななまるさん)

すくすく子育ては順調でしょうか。ヽ(・∀・)ノ

怒りはヘビの猛毒のようなものなので、怒る本人だけではなく毒を吐きかけられた相手にも毒が回り同じ程度の怒りが生じます。毒を受ける側に毒の入る隙がなければ怒りが生じることはありません。
マグナムは一年に数えるほどしか怒ることがありません。たぶん十回無いかなぁ。どうしても相手のことを思って怒らなければならない時に、自ら怒るのがほとんどで相手が吐く毒が回ることはありません。(*´ω`*)
もちろん最初からこの状態ではなく魂が成長するまでは、相手が吐く怒りの毒に耐えるのが苦しく大変だったことを覚えています。少し激しく怒ったことも三年前に一度きりなので、どこまで激しく怒らない記録を伸ばせるか挑戦中です・・・・・・変なヤツですよね。(´-ω-`;)ゞ本題の方に行きましょうね。

世界中で起きている悲惨な出来事の表面だけを見れば、不憫で偶然に思えることばかりです。しかし霊的視野から見れば永遠の生命の中で輪廻を繰り返し因果律による一本の糸が貫かれています。不平等なことは何一つもありません。またそれぞれの界層で必ず向上するとも限らず、苦難の中で法則の厳しさを学ばなければ無量の輪廻を繰り返し無量の苦痛と苦悩を味わうことになります。
原因と結果が必ず連鎖して働く絶対の法則があるため都合の良いように干渉して変えることはできず、因果経に説かれるようにこれまでの行為の結果が今の自分であり、今の自分の行為が未来の自分をつくります。
仏の教えを聞けず、仏の恩恵が受けられないのは、過去に仏の法(宇宙の自然法則)に逆らった生き方をしてきたために代償を支払うことになったのです。個人であろうと集団であろうと、国家であろうと、まいた種は必ず刈り取らなければなりません。

現在の中国は、PM2.5、卵大のひょう、日本人観光客の激減、円安に苦しみ、韓国は日本人観光客の激減、円安、南北関係悪化で、共に日本の領土に圧力をかけている場合ではなくなりました。このようなことは表面的な事象ですが、物的表現の裏には必ず霊的表現があります。
日本は正しい仏の教えが説かれ、神々が守護する国です。その力はこれからさらに強くなります。ななまるさんも仏の真髄を知れば、すべてを知る側になります。(*´▽`*)

また諸行無常なので中国を含め世界がこのまま変わらないことはありません。何もしなければ不幸の種をまく人ばかりなので確実に悪化します。良い方向に変えていくためには幸福の種をまく人を増やすしかありません。
マグナムはその方法を知っています。日本の平和、そして日本の恩恵が世界に広がるようにこれからも頑張りますよ。ヽ(*´∀`)ノ

ありがとうございます

お答え頂き、ありがとうございます。
やはり、そうなのですよね。結果なのですね。
子育てはまぁまぁ、といったトコロですね(^^)d
最近自己主張が激しくなり、大変ですよ。
「あんた、どこから来たの~?、前は犬だったんじゃないの~?(^.^)」なんて勝手に思ったりしています(笑)
なんか、動きや表情が犬っぽくて…
ほんとはまだ聞きたい事があったりするのですが、もう少し自分で頑張ってみます(^-^)/
ありがとうございましたm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事遅くなりましたm(__)m

お返事頂いてから、マグナムさんのブログ記事を過去からほとんど読ませて頂きました。
祖母が入信していたのも正にこの宗教です。ただ、マグナムさんの言われる通り、末端信者だったと思うので、祖母自身はとても良い人でした。
他の家族を無理に巻き込んだりしなかったし。

マグナムさんは、ブログ開設の頃は宗教に詳しくないと書かれていたので、それからお勉強なさったのでしょうか。

話は変わり、私の事ですが、生前私みたいな者でも、仏とご縁があった、とマグナムさんは仰っていましたがそんな風に思えない、のですよね。
仏とご縁があっても、あんな悪行をしてしまうのですか?
それに、苦難に遇うのは生前の界層が四悪道だったからではないか、と思うからです。
何て言うか、種類が違うのですか?
四悪道から生まれてきた事による、受ける苦難や選べない環境(選んできてるんですけど)と、人間以上から生まれても苦難、困難を受けるのでしょうか。

私が輪廻を信じる前の考え方は、自分がどんなに苦しくても、きっと人間が一生の中で受ける苦難は平等だ、と。
日々、小さい不幸がある人、私みたいにまとめてくる人、みたいな。
だから、大丈夫、人と比べない、頑張ろうというのが私の信条でした。

そして今は、悪行をする全ての人、特に兄二人に対して、「罪を憎んで人を憎まず」でいこう、と事あるごとに思ってます。
でも、身内に対しては中々難しいですけどね。。

それから、仏の真髄は、きっと各々が各々のペースで自ら知る事なんですよね?
それを聞いてしまうのはなんか違う気がして。

最後に、輪廻から抜けるというのが目標で抜けると二度と戻りたくないそうですが、私は、また輪廻して人間に生まれてもいいかも、なんて思ってしまいます。
人間に生まれられればですけど。
好きなアニメと離れるのは何だか別れ難いですね~。
でも、天界のそれは人間界のそれとは比べ物にならない程なのですから、きっとアニメ等、足下にも及ばなく感じるのでしょうね(^^)d

それから、アドバイス頂いた件、大丈夫です(^^)

Re: お返事遅くなりましたm(__)m(ななまるさん)

今も宗教の勉強はほとんどしていないのでブログを始めた頃とあまり変わらずその都度調べています。でも宗教に詳しくなくても大丈夫なのですよ。(*´ω`*)
なぜなら、どんなに宗教的知識を身に付けても叡智を得ることができなければ精神的向上(魂の進化)は望めないからです。叡智が得られなければ何も知らないのと同じことで、本当の安らぎを得ることはできず誰も救えなければ幸せにしてあげることもできません。
例えば隣人愛を説いたところで実際に愛することは難しいでしょう。キリスト教が広がる諸外国の人々がお互いを信じられず武器を携帯しなければならないのはこのためです。また仏教も同じで「生きもの全てに仏性があり、皆さん仏の子です。」とお互いの深い繋がりを説いたところで仏性を見ることもできなければ命の尊さを知ることもできません。
ただ宇宙の自然法則に真っ向から逆らうキリスト教に比べ、仏教は仏(釈迦)が宇宙の自然法則について説いた教えなので優劣は明らかですが、何番煎じか分からないお茶に幻の成仏が見える毒まで盛られている、ほとんどお茶の味も香りもしない毒の入ったお湯をありがたく飲まされていることを知りません。また宗教的知識だけに限らず、様々な知識を詰め込み思想の奴隷になっている方も多いです。
夢の中で夢だとは気付かないように、現実も夢のような世界で仏の真髄により幻から覚める人はほんの一握りです。自力で目覚める特別な人もいますが、そんな更にごくわずかな人の話をしても仕方がありません。
何よりも大切なことは仏の真髄を知り魂で実感してもらうことです。そうすれば誰でも自らが霊的存在であり輪廻も因果律も仏性についても真実だと知ることができ疑う余地はありません。
仏の真髄は、正しい仏の教えを知る者が素直に聴く準備のできた相手に直接伝えることなので、ネット上でこれ以上ない仏の秘密を教えることは残念ながらできません。仏の光は静かにゆっくりと確実に広がって行きます。仏の真髄に辿り着いてから各々のペースで叡智を獲得し、魂の進化を果たします。

ななまるさんは仏との縁があるからこそ、このブログに辿り着いたのですよ。信じられませんか(*´ω`*)このブログに集まる方々も同じです。
どこからの生まれ変わりであろうが、どんな苦難があろうが、どんな悪行をしてしまったとしても、ここに集まる方々は魂のエリートです。
例えば天界から善果が尽きて地獄に落ちる者もいます。なぜかといえば著しく五欲に執着した利己主義の罪のためです。楽しみ尽くした後には必ず苦しみが待っています。このように善果が残って人間に生まれたとしても苦難の無い人はいません。またどこから生まれ変わろうが仏との縁がなければ、何度でも流転し苦しむことになります。
悪行については、トップページにあるように「自らの悪行を悔やみ嫌な思いをするかもしれませんが、これからが大事」と書きました。仏の真髄を知らない限りは本当の善い生き方はできないので、それまでは読むワクチンの効果でこれからはなるべくこしらえないように気を付けるでしょう。ここに集まる方々は優秀なので大丈夫です。
釈迦が生まれた2500年以上前と現在では、生活環境が大きく変わり五欲を楽しませる様々な物で溢れているため簡単に心を奪われてしまいます。また人々を惑わす悪い情報が氾濫しているため判断を狂わせます。欲を満たし、その欲がさらなる欲望を満たそうと次第にエスカレートして行き、ついには大きな悪行を積んでしまいます。多くの人は目先の事象に心を奪われ、このブログの価値を知ることはなく、見つけることさえできないでしょう。

それと、輪廻から抜けた後にまた人間に生まれてもいいだなんて将来有望ですよ。欲界の天界でさえ死相が表れると地獄の大苦悩です。永遠の生命・自由自在の仏の世界から人々を救うために人間の身に入るのは相当な覚悟とよほどの慈悲がないと・・・とても考えられません。(´・ω・`;)降りても天界ぐらいにしておいた方が・・・
また、人と比べないという心構えは立派です。仏の真髄を知った後も同じです。仏の真髄を知りたいと思うでしょうが、ニセ仏教の餌食になるかもしれませんし、ネット上を探せば誤った情報の氾濫が惑わせ意欲を失わせてしまうので無益です。
例えば大きな深い川に小石を投げたあと、潜って同じ物を探すようなものです。石がぼやけよく見えず息苦しい中、似ていると思い焦って一度つかんだら終わりです。
過去のブログからほとんど読まれたのであれば、頑迷な宗教脳の方を救うのはどれほど大変か分かりますね。
まだブログを書き終えていません。素直に聴く準備が整えば必ず仏が使いを出します。
それまで焦らず安心して待ちましょう。(*´▽`*)

はい、あまり難しく考えず、自分のできる事を日々頑張ります。

地獄って様々な種類があるんですね。
人間は生きてるだけで罪を作っていますよね?
だから、殆んどの人は単純に考えたら地獄行きですね。
でも、そこを善行で相殺して総合して判断される、という事ですかね。

それと、仏とのご縁がない人は流転するという事なので、少し謎が解けた気がします。

殆んどの人は、こんな風にスピリチュアルな探求ってしないと思うんですよね。
だけど、善行をしている人は沢山います。
そうゆう人達は、また流転してしまうのですかね?


話は変わり、子供の事ですが、最近一緒に遊んでいて、涙が出る位楽しかった事があって、その時周りにいたママ達も楽しんでいました。
すごい幸せな時間でした。
子供って凄いですね!
やっぱり私がまだ未熟なので、イラっとしてしまう時もありますが、日々幸せをもらっています(⌒‐⌒)

今までの人生で一番幸せを感じていると思います。
寝顔を見ながら「生まれてきてくれてありがとう」って心の中で語りかけてます。

不思議なんですが、結婚してから、物欲が殆んど治まりました。
昔は仕事とバイト掛け持ちしながら、お金のやりくりに追われていましたよ(^-^;

ここで、こんな風にお話できるのがとても楽しいです(^^)

後、初めて訪れた時から疑問だったのですが、トップページの投稿日の日付が2014なのは何故ですか?

今はまだ2013ですよねσ(^_^;)?

Re: タイトルなし(ななまるさん)

鋭い質問ですね。(*´ω`;*)
ブログの中では必要以上に怖がらせたくないという思いがあるのでこの辺はやんわりとあまり触れないように進めてきました。でも避けては通れないことなので軽く書きます。

現代の人々は一つ善行したとしても、気付かずに必ずそれ以上の悪行をしています。また覚えてはいませんが、無始から積んできた悪業が各々残っています。
苦難として受けることで積んだ悪業は減りますが、日々の生活でも増え続けていますので過去から現在までの全てを消化することは不可能です。そのため結果の世界で苦しみの報いを必ず受けることになります。善因は善果となり悪因は悪果となりますので、別々の結果であり相殺することはありません。心で念じたこと、行為の善悪の原因はそのまま結果となります。ただ原因と結果の間に縁があるので、悪い原因をこしらえた場合でも善い縁により結果を変えることはできます。
霊界の行き先は魂の進化の程度で決まります。魂の進化とは煩悩の程度です。魂がどのくらい清らかなのか、穢れているのかと言うことです。
たとえば善業があっても魂が穢れていれば三悪道に流転します。三悪道での生活中に善業があればそれだけ善い報いを受けることができます。またそもそも魂が穢れているのだから人間生活中にあまり善行をせず大きな悪行をしてしまう可能性の方が高いとも言えます。魂の進化の程度と自由意志による行為は密接な関係にあります。

大半の人は目先の楽しみに心を奪われ「何で生まれてきたのだろう?」とは考えず、また死後のことは怖いので都合の良いように保身してしまうことで救われる機会を失います。
たとえばスカイダイビングで上空からの景色をいつまでも楽しんでいる者、恐怖で目を閉じてしまう者、共に身に着けているパラシュートには気付かず地面に激突してしまうようなものです。
また結果の世界は、無数の腹を減らすトラの檻に鶏を放つように、そして血も涙も無い屈強な犯罪者集団の牢獄に閉じ込められるように逃れようがなく残酷で無慈悲です。
あまり書いて不安を煽るといけないのでこのぐらいにしておきます。

子供かわいいですよね、大好きです、もう勝手に寝顔を想像しただけでヤバイですよー。全ての子供を自分の子供のように思っているという、かなり迷惑な話ですが・・・子供の健やかな成長を見守るのがマグナムの楽しみです。(*´ω`*)やはり母の愛は偉大だなぁ、うんうん

それと、欲望の奴隷となった貪欲な人はこのブログには気付かないので、ななまるさんも物欲が盛んだったころは、たとえこのブログがあったとしても気付くことは出来なかったでしょう。原因と縁による積み重ねの結果なので偶然ブログを見つけたように思えても必然なのですよ。(*´▽`*)
また苦難を乗り越えてきたからこそ、大きな幸せを味わうことができます。言葉で表しきれない感情が叡智です。叡智は魂を進化させ前の自分より今の自分をさらに成長させ態度や振る舞いに変化が出てきます。それでも今の自我は本当の自我ではありません。ななまるさんの自我は想像もできないほどに素晴らしく、ずっとずっと深いところで眠っています。真髄を知りより深い自我に目覚めることで今までの苦難が何一つ無駄ではなかったこと、苦難があったからこそ真髄に辿り着けたことを魂で感じ悟ることができるでしょう。今は分かりませんが後で分かることなので書いておきます。

後、表示したいページを常にブログのトップにするためには未来の日付にする必要がありまして、2014年までに書き終える予定です。

へぇ~、投稿日を未来の日付にできるんですね(^^)d

また地獄界についてですが、漁業や屠殺業等、それが“仕事”でもダメなんですね。
何かそれだと、むしろ、恩恵を受けている一般の我々の方が罪が重い気がします。
無関心な方は大勢いますし。
私も昔は無関心でした。今考えればとても罪深いですね(-_-)

人間は食物連鎖の頂点で、しかも他の動物と違って思考し、言葉を持ちます。本来ならもっと謙虚に生きなければいけなかったんですね。

魔界でしたっけ?夜摩天以外のお話も楽しみにしています。

何回も質問してしまい、すいません
m(__)m

こうゆう話って中々友達同士でもできないですから、次から次へと…。
でも、これでしばらくは大丈夫ですから(笑)


それでは、無理せず、気長にブログ続けてくださいね(^-^)

Re: タイトルなし(ななまるさん)

漁業や屠殺業等の命を奪わなければならない仕事は、無始からの悪業が深い生命のために生業とする事になります。この者たちの魂の穢れは多く、たとえ正しい仏の教えを聞く機会があったとしてもその価値に気付くことは少ないでしょう。仏の真髄は全ての生命を救うことができても、自ら拒む者を救うことはできません。
人間は大地の産物だけで生きていけますので、命の尊さを感じ取れるのであれば肉食を少しずつでも減らすことが好ましいです。ただ無理をしても長続きはしませんので、やはり仏の真髄を知ることにより命の尊さを魂で学んで行くことが大切になります。
真髄により魂の進化を果たした者は、悪業をこしらえるのが恐くて肉食を止めるのではなく全ての命が尊く大好きなので欲望を完全に制することができます。
ななまるさんは苦難により魂が磨かれ命の尊さを鋭く感じ取れますが、人間界は同一平面状に魂の進化の異なる人々が暮らす界層なので、たとえば旦那さんが「ステーキ食いたい!」と言うのに、正しいことだからと「あんたのためなの!サラダを食べて!!」とごり押しすることは好ましくありません。これを「無理をする」と言います。(*´ω`*)
毎日一緒の食事ですし、友達と外食することもあるでしょう。仏の教えが聞こえなくなるほど、肉・魚の美味に心を奪われては困りますが、真髄を知れば全て解決することなので相手に合わせることも大切です。
さすがマグナムの小難しいブログを読むだけのことはありますね。
野菜・海藻多めの食事は体にも良いです。臨機応変に行きましょう。ヽ(*´∀`)ノ

No title

素敵なブログですね。

m(__)m

Re: No title(山崎かずみさん)

ありがとうございます。(*´ω`*)
これからもっと素敵にしたいと思っています。
そして多くの方が仏の真髄を知り、人生の中でこれ以上のない一番の思い出を作ってほしいと願っています。
そのとき本当に日本人で良かったと心の底から思い、安心してやすらかな眠りを迎えられます。
占いや霊視の鑑定をなさっているのですね。
もし、多くの方が仏の真髄を知ることになれば自分自身で全てを解決できるようになるためマグナムは山崎さんにとって目ざわりな存在になるかもしれませんよ。(*´ω`;*)
鑑定料・その他を受け取っていないのであれば関係ない話ですが・・・

さぁ、機が熟したので新しい記事を書きますか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

じこまんぞく!!

Re: タイトルなし(けっ!さん)

何か気に食わないことがあったのでしょうか・・・ずいぶん嫌われているようです。(´・ω・`;)
きちんと読まれていますか?自己満足のために書いている訳ではないですよ。元々そうした事への執着は無いですが・・・
六欲天No.3の記事に掲載しましたが、貴方のためにもう一度。

シルバーバーチは語る、絶対的摂理の存在より抜粋
「こうした霊的問題に携わる人で、地上の人間の心身両面にわたる健康を維持するための霊的摂理を説く人は、大きな責任を負っていることになります。それを勘違いしたり怠ったりすると、地上生活中ないしは死後にその代償を支払わされます。」


貴方が全ての人々を苦難から救い仏の世界へ導けるのであれば是非ブログでもホームーページでも始められてはいかがでしょう?
きっと貴方の言うところの自己満足が得られるかも・・・
その時は是非ご教示願いたいものです。
仏の正しい教えが説かれるのであればどこへでもついて行き、何千年ものあいだ大切にされているものでも間違っているのであれば潔く捨て去る準備は出来ていますよ。(*´∇`*)

せっかくなので一つお話をしますが、深く深く地獄の底に落ちる方法を知っていますか?
簡単でほぼ永遠に霊的目覚めが無く苦しみ続けることが可能です。






答えは妄語です。
妄語とは、有る物を無いと言い、無い物を有ると言う。要するに嘘をつくことです。
六欲天No.6の記事で書きましたが、特に仏の法則(宇宙の自然法則)についての妄語の罪は非常に重いです。
情報端末が普及した今なら手軽に己の仏の種を焼き切ることが可能です。焦げた種は芽を出しませんからね。
文章を読んで影響を受けた多くの人々を惑わせ、迷わせ、受けられるはずの仏の恩恵から遠ざけ、死後は三悪道に閉じ込めてしまうのですから当然の結果です。

自由意志による選択は自由ですが、自由には責任が伴うのですよ。(*´ω`*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし(幸福の科学さん)

詳しい内部情報をありがとうございます。
祈願や奉納目安については2chからの引用です。

収める金額が違う、または高い安い、或いは布施の強要なしはどうでも良いのです。
着目するところはそこではありません。
第一に、宗教にお金は必要がない事。
第二に、そもそも幸福の科学の宗教行為が無意味な事。

の二点です。

「カルトが反省をときますか?」については、反省を説いたからと言ってカルトではないという理由にはなりません。
これも着目するところが違います。
幸福の科学の教義はどうでも良いのです。第二を再度読みましょう。

あなたは、自らの思想に必要のない知識を与え、新しく間違った思想が作られてしまいました。そこから抜けるためには間違った知識を潔く捨て、正しいことを素直に学ぶことです。
ここを読まれている方々に比べ、あなたの無明の霧はとても深く、自らはめた知識の足かせが深く強く束縛して自由を奪っています。
但し、あなたはそのように思考することは出来ません。なぜなら自らの意思で正しく思考したと思い込むのがマインドコントロールなのです。しかし、仏の神髄を知る者から見れば盲目的に思考したに過ぎません。自ら気付くことが出来たらマインドコントロールになりませんからね。
受け止める備えが出来てから、改めて訪れていただけると幸いです。

No title

あけましておめでとうございます。
貴ブログの重厚さに圧倒され、
ひとつ一つづつを時間をかけ拝見しております。

今年のご多幸をお祈りするとともに、
御活躍を楽しみにして居ります。

今年も宜しくお願い致します。

Re: No title(ウナさん)

あけましておめでとうございます。

ハシビロコウは大好きな鳥で、真剣な顔つきでジッと動かないところが笑えます。
にらめっこしても勝てる自信がありません。
更新される記事が楽しみで、花を中心とした様々な写真を見ながら、新聞からの抜粋は為になり、ウナさんのひねりのある言葉が楽しませてくれます。あまりに過激な発言はお姉さんに校正されてしまうみたいですが・・・
これからも、健康で、美味しく食べれて、安全運転で、ブログが続くと嬉しいです。

今年も宜しくお願い致します。

はじめまして

【芸術の20世紀 喪失宣言】
http://geijutuno20ctsousitu.blog.fc2.com/
はじめまして、ご訪問いただきありがとうございます。

こちらのように美しいものではありませんが、お読み頂けましたのであれば光栄です。

Re: はじめまして(本当の「20世紀」さん)

はじめまして、
2013年から精神を重んじる時代に入りました。言いかえれば、魂の時代です。
そうです、本当の「20世紀」さんが自己作品に対する欲求が生まれてきたのと時を同じくしてです。
因果律に偶然はありませんから、知らず知らずのうちに霊的インスピレーションを感じ取ったのかも知れません。

人々の興味が物質的なものから精神的なものへと変わっていく中で、精神を高揚させ・鼓舞し・感動させる芸術は好むと好まざるとに関わらず注目されることになります。
それは、絵だけでなく、音楽、創作物などさまざまな芸術的作品にわたります。

ブログの中で『未来の日本は物的・霊的両面に渡り世界の平和の象徴となるでしょう。』と述べましたが、本当の「20世紀」さんのブログには『日本は芸術の中心地になることでしょう。』とありました。

日本は、素晴らしい価値観と資質を持ち合せた人々で構成されています。このような人々がこれから更に輝きを増していきます。

去年の12月21日に、東京学芸大学管弦楽団の演奏を聴く機会がありまして、楽器へのアタック音・華麗な運指・個々の楽器パートが絶妙に混ざりあい迫力ある厚いハーモニーが作り出され、演奏側と聴衆側との雰囲気が一体となったとき、YouTubeでは味わえないものを感じ取りました。
その月の29日には、カイユボット展の最終日でしたが絵画を見る機会がありました。
絵画の中にはピカソ・ゴッホもあり「うーん、これはお高いのでしょうねぇ・・・見るとこそこじゃないだろ」と一人ボケツッコミしながらも、絵画を近くから遠くから斜めからと眺めながら、描いた方の人間味・・・静止画では味わえない魂が表現するエネルギーの奥深さを感じました。
絵画だけでなく、古代美術の部屋もあり、さまざまな美術品の中にシュメール人により作られた「女の胸像」、作られた年代を見ますと・・・紀元前24世紀!?、こんな硬い石からこんなに美しく造形できる技術があるなんて「ね、ねぇーさん、これはロストスキルですよ・・・ボッチなんでいねーですけど、闇の炎に抱かれて消えろ!」とまたもやくだらない一人ボケツッコミをしながら楽しんできました。 はじめましてにもかかわらず、落ち着かない文章で失礼しました。

今月に入り『ザ・ビューティフル 英国の唯美主義を一緒にどうですか』と誘っていただいたので時間が許せばまた芸術に触れてきたいと思っています。

このブログも興味のない方、あるいは偏見のある方には面白くない文章となりますが、芸術的創作活動を行っている方、これから興味をもたれる方にメッセージが届けば幸いです。
今後のご活躍を陰ながら応援しております。

質問

はじめまして。

2、3しつもんがあるのですがよろしいでしょうか。

向き不向きのところで、若者が向いていてお年寄りが向いていないとありますが、
魂の年齢と肉体年齢は関係ないのではなかったですか?

ブッダとイエスを比較している霊についてどう思われますか?
http://www.k5.dion.ne.jp/~spiritlb/ume-9-4.html
14章「正しい愛の道」より。これはマイヤース霊言と言います。

シルバーバーチの交差通信(クロス・コデスポンデンス)に詳しい文献を教えて下さい。

伊勢白山道氏のシルバーバーチ捏造説をどう思われますか?

Re: 質問(アシ悶太さん)

肉体年齢による向き不向きの傾向については、物的生活を送る中で、さまざまな偏見と物事にとらわれていく人間が少なくないために項目として挙げています。
純粋な幼子であれば難なく受け入れられる単純な霊的知識も、そのような人間には決して容易ではないのです。(肉体年齢という言葉は目に映る外面を表していますが、意味するところは内面の精神構造の状態)
思想がどのようにつくられ、精神がどのように束縛されていくのか考えていくとおのずと以上の回答が得られます。

マイヤース霊言については、人間界・霊界にかかわらず仏(宇宙の自然法則)について述べる時には常に慎重を期す必要があります。しかし、この霊はそれを怠りました。
まずは、釈迦の時代の弟子たちを導いた小乗の教えしか知らずに述べていることです。
花のつぼみはいつまでもつぼみのままではなく花を開くのです。小乗から大乗へ開いた教えのすべてを筋道をとおして一つとして理解しなければなりません。
この霊に、そのような広大無辺の深遠な仏の教えを理解できるはずがありません。現に霊界をさまよい、このようなメッセージを残していることが何よりの証拠です。
次に、「おそらく仏教天国〔涅槃〕に到達したとの幻想に執着し続けよう。」とあります。仏(宇宙の自然法則)の中で生命活動をしている霊が仏の涅槃について何が分かるのでしょう、何も分かるはずがないのです。
この霊は、みずからの生命力の根源を無知から否定しているに過ぎません。
火に飛び込む蛾のように愚かで、仏の完全無欠の光明に照らされれば、みずからの光明は一瞬で暗闇の虚空となり己の未熟さを痛感し、このような浅はかな知識を披露したことを後悔することになります。
イエスの言う父とは仏のことであり、またシルバーバーチの言う大霊であり、共に仏に近づかんと進化を続ける霊です。
この霊は進化の道程において無限の叡智のほんのひと欠片を知ったに過ぎず、その程度の霊のメッセージとして読むことをお勧めします。

シルバーバーチの交差通信に詳しい文献については、マグナムの知るかぎり有りません。
コメントを読み学ばれている方もおりますので付け加えますが、霊界通信の手段については何でもよく、重要なのは霊界メッセージの内容です。
懐疑論者が何を言おうとも仏性を賦与され自然(法則)の恩恵を受けて生きている以上、それに対しての偏見はただ己の深い無明をさらすだけです。
またスピリチュアリズムに興味をもたれることは結構なことですが、多くの知識を得たからといって魂の成長は一切しないということも理解が必要です。
自分が大切だと受け入れたものの一つでも二つでも、周りが見ていようといまいと、地道に活かした者にだけ良い刈り取りがあるのです。

伊勢白山道氏については、ご本人が実際に捏造と仰っているのであれば、
『魂の進化の程度が低いこと、あるいは偏りのある思想のために正しく読めず、書かれている内容の価値が分からないのでしょう。』としか言えません。全ては無明から出る言動です。
このような方は、みずからに霊的な知識・叡智・智慧がないにもかかわらず、自己中心の利己的な傲慢な発言だけはするのです。
発言は自由ですが、責任はありますから何一つ見逃されることなくそれを取るときが必ずまいります。

また優れた霊訓が誰でも読めるように公開されていますから、必要な方が受容力に見合った分だけ受け入れ生活に活かせば宜しいでしょう。
そうした中で、さらなる向上を願う方々がここに集まっているとマグナムは信じています。

太陽がすべてを照らすように、あるいは雨が大地をうるおすように、宇宙の自然法則がもたらす恵みはすべての生命のものです。
みずからの浅はかな知識を肯定したいがために、何の根拠もなく霊訓を批判・否定する者は、「太陽の光輝、降る雨は自分のものだ!」と明らかにバカげたことを公言するような愚かで恥ずかしい行為だと知るべきです。
人間界にいる間に法則に対する偏見という狭い精神構造が改善されることを願うしかありません。

はじめまして

マグナムさま

拝見して、すぐに素敵だなーと感じまして
勢い余ってコメントさせて頂きます。
顔も名前も知らない人間が、突然のコメント
すみません。

やっぱり、シルバーバーチはいいなぁ。と
あらためて思い直させていただきました。
なんというか、ホッとしますね。
(内容的に、シビアな面があることも
わかっているつもりですが、それでも)

何だかんだ言って、シルバーバーチに
戻って来るんだなぁ。と再確認しました。
マグナムさまが書かれた全ての記事を
拝読した訳ではありませんので、
勝手な思い込みもあるかも知れませんが、
シルバーバーチについては、確信めいた
感情があります。

「やっぱコレだね~~~♪」(お菓子のCM)
みたいな。

気付きを与えて下さり、ありがとうございました。

Re: はじめまして

はじめまして、突然のコメント全然よろしいですよ。(*´ω`*)

『確信めいた感情』が叡智を獲得することで『真実だと知っている』に変わるときが来るよう願っています。

コメントありがとうございました。

〉 『確信めいた感情』が叡智を獲得することで

そうですね。
自らがそうした境地を確立できるよう、
学びの中で、常に意識していきたいものです。

重ね重ね、ありがとうございました。

質問のねつ造

04.21 01:05 By:アシ悶太

が書いたとされる質問文は本人のものではありません。私である旧アシ悶太は、「マグナムやまと」という人物と一切面識がございません。質問した覚えもございません。誰かが私のふりをして投降したものです。

私の説に反論があるなら、堂々と私の記事の中に書き込んで下さい。

ちなみに、マイヤーズはブッダという人間についての評価をしただけなので、大乗仏教の領野を加えるとお門違いな言い分だということになります。ブッダは四諦説と八正道を説いたのです。それは苦しみからの逃げを意味し、それがイエスの行為と矛盾する場面があるということなのです。

記述欄が小さいので、反論があるのだったら私のブログにして下さい。突っ込みどころが多くて書ききれません。

Re: 質問のねつ造

ご質問に対して必要な返答は終了しており、ご本人であるか否かにかかわらず述べた内容がすべてです。
また、その内容を受け入れるか否かも自由です。

「私の説に反論があるなら、」云々とありますが、どなたに対して仰っているのでしょう?
もしこのブログの管理人に向けたものであるならば、元々あなたの説に一切興味はなく、したがって反論の必要もありません。

以上

質問記事のねつ造について

コメント欄を大きくされたようですね。少しお話しましょうか。

まず、記事のねつ造があったということは、自作自演ではないとするならば、あなたの波長がそのような読者を招き寄せたということでしょうね。そして、それは私に降りかかった災難でもある訳です。この辺はお互い様でしょう。

あなたの最初の記事を少し拝見しましたが、下の方に2チャンネルの絵っていうんですか?
ああいう品の無いのが書いてあって、私はちょっと関わることを躊躇しています。
はっきり言って今もなるべくなら書きたくないです。

質問記事は捏造ですので、取り消して頂きたいし、それに対するお答えにも納得しかねますので、消して頂きたいです。

お答えの中ではフレデリック・マイヤーズを盛んに叩かれているようですが、シルバーバーチは潮文社4巻64ページで、マイヤーズの類魂説に関して全面肯定的発言をしています。だからマイヤーズを叩くことは自分の首をお締めになることと考えられた方が良いのではないかと思います。

「あなたの説には全く興味が無い、以上。」

と書かれている(書かれていた)ようですが、私も書きたくて書いている訳ではありません。何かとんでもないお答えをされているので書かざるを得ないという状況です。

「小乗仏教だけでなく、大乗仏教もひっくるめて考えなきゃ」

的な事をおっしゃっているようですが、大乗仏教の成立はブッダの入滅後のずっと後のことの様です。だから大乗仏教が真の仏説かどうかは現世では誰にも分からないはずで、あなたにも分からないはずです。ということは、死後のマイヤーズの、ブッダという一霊能者に関する言説を嘘と断定することこそ、現世の人間の傲慢、偏見、思い上がりであろうということになるのです。あなたには、マイヤーズが慎重を期すことを怠ったかどうかを、断定的に判断する資格はありません。

ちなみに、ブッダ入滅後も様々な霊覚者がインスピレーションを持ち寄って成立したのが大乗仏教でしょうから、私は大乗仏教を全面的に否定はしません。その中には真理も混じっていることでしょう。

霊界通信の手段についてですが、はっきり言って私は「交差通信が最高の霊訓をもたらすのだ」などとは一言も述べていません。ただ、科学的信ぴょう性の問題として捉えているのです。メッセージの内容は重要ですが、シルバーバーチが他の霊言を参考にした捏造かどうかということの、判断材料として少し取り上げただけなのです。だから「大事なのは中身」とか言われても、全く発言の目的がすれ違っているのです。

>「発言は自由ですが、責任はありますから何一つ見逃されることなくそれを取るときが必ずまいります。」「何の根拠もなく霊訓を批判・否定する者」、「太陽の光輝、降る雨は自分のものだ!」と明らかにバカげたことを公言するような愚かで恥ずかしい行為だと知るべきです

それは自分自身に述べて下さい。 というか、鏡で自分自身の姿をご覧になって下さい。

それから、私の書いたコメントを勝手に編集するのも自重して下さいね。自作自演を疑ってしまいますから。

私は今後、綺麗にされたあなたのブログなりサイトなりに一切関わりを持ちたくありません。

Re: 質問記事のねつ造について

一つ、コメント欄の大きさは一切変えていません。

二つ、何か勘違いされて一人相撲をとられておられるようですが〝以上〟の意味が分かりますでしょうか?
コメントに対しての必要な返答がすべて述べてあるということであり、正しく読めるか否かはあなた次第ですが〝受け入れるか否かも自由〟だと述べた通りです。
また〝あなたの説には一切興味はない〟とも述べました。

読者に悪影響を及ぼすだけの無意味なトイレの落書きはご自分のところで満足いくまでお好きなようになさればよろしいです。

シルバーバーチ、マイヤース、他の霊言メッセージにせよ、ほんのわずかな知識を届けただけに過ぎません。
また仏に近づかんとする霊たちであり、仏のことは何も知らないのです。
その知識をほんの少しかじって勝手な解釈をおりまぜ(仏教については更に無知)自慢げに披露されても恥の上塗りになるだけです。
もちろんあなたにそれを知るすべはないので〝以上〟と念を押されても、ご自分の説を肯定したいという欲望に負け行動してしまいました。

永遠の生命活動の中には知識では学べなことが無限にあり、それを学ぶためには、まず述べられたことを正しく聞ける耳がなければ一歩も先に進むことが出来ないことを忠告しておきます。

以上

No title

これで最後です。宗派論争はマイナスにしか働かないからです。私はもともとあなたと議論するつもりはありません。あなたがもし、私の言説を、「トイレの落書き」とかいう汚い言葉でもって罵るならば、はっきりいってその品位は良からぬものであることが、客観的に見て判らないということが、あなたの程度を証明しているのです。

あなたにどれほどの理性的判断が備わっているか判りません。そもそも議論は無駄です。それぞれ霊的段階が違っているからです。確実に言えることは、

あなたは捏造の記事を悪とみなさずそのまま放置しています。そこには悪意或いは何らかのネガティブな意識が働いて、良からぬ嘘をついてしまったという良くない波長があります。

これを被害者が自分とは関係ないから削除してくれと言った時、全く誠意が無いということは、その悪意又は何らかの狡猾な意識を黙認していることになります。

それを肯定しているということは、あなたは何らかの美辞麗句が述べられるような器ではありません。あなたは自身か読者か知らないが、何かの良くない思惑があなたと私を引き寄せて対決させ、面白がっているという構図をイメージ出来ませんか。

>コメント欄は広がっていません。
大ウソをつきなさんな。前は3cm四方の書きにくいサイズだったではありませんか。いよいよ言い逃れをする人物の様相が濃くなってきましたね。

>コメントに対しての必要な返答がすべて述べてあるということであり
だからすべて述べようがどうしようが、納得できないと述べているではありませんか。

すべてと言うので、じゃあ、すべて反駁することは可能です。

ていうか、マイヤーズを叩くなら自分の首を絞めることになるという一言で、あなたの散々な悪口は一掃されているではありませんか。

わたしからは、あなたは表面的に取り繕っているだけで、真理を真摯に追求しようかという謙虚さが感じられません。

伊勢氏についても、よくも知らないのに、なんでそこまで叩くの?という短絡的印象がぬぐえません。

あなたの定義する「仏」は最高精神の形容なのではないかと思います。それは世界各地で色々な名称(ゴッドだのアラーだの)で呼ばれているものです。それと、ひとりの霊覚者としての人間ブッダは違います。そこの定義の違いがあると思います。

でも、そう言ったことを冷静に考える資質はあなたには無く、ただ議論に勝てばいい、そんな態度が伝わってきます。あなたからは霊的真理が述べるような真摯な求道心は感じられません。そんなことは「向いている」「向いてない」でイエスマンを依り分けようとしている閉鎖的排他精神、異論を恐怖するが故の保身術、下心が見え隠れしている段階でお見通しです。

私は私に関するすべてのコメント消去のために訴えていますが、シルバーバーチとか仏教を学んでおきながら、意地悪さを是正する誠意の無い人には、正直期待薄であろうと考えています。

だから、もう来ないと思います。

はっきり言いましょう、この人は書記者本人が捏造だ、消してくれと言っていることを無視して、悪意あるねつ造を温存しようとしています。もし、自分の意見が単純に言いたいだけなら、捏造された質問に答える形式では無くて、自分で勝手にスレを立てれば良いでしょう。その時は匿名にするのがエチケットです。シルバーバーチは言っていますね?「個人攻撃はするな」。現世の人間に霊性の上下など判らないのだから、個人としての他人を批評すること自体が傲慢なのです。一般論なら思想の確立で済まされると思います。

仮に実在したとして、シルバーバーチ、そしてブッダがあなたようなことをするでしょうか?
私にはそうは思われません。

これからこの人は私の悪口を散々述べて行くでしょう。そのたびに「トイレの落書き」みたいな品の悪い言葉を増やしていくでしょう。でも、私はもはやそれに一切反応しないし、見にもきません。

Re: No title

すべての条件がそろいましたのでコメントにお答えします。

コメント欄の大きさは一切変えていません。
ブログテンプレートを設定してから今まで一度もHTMLを編集したことがないのですから変わりようがないのです。
また、コメントされた方からそのようなことを一度も言われたことがありませんし、あなたより前に長いコメントもあります。
お使いのブラウザまたはディスプレイ表示に問題があるのかも知れません。

次に〝受け入れるか否かも自由〟と述べているように、あなたが納得できないというのであればそれで結構です。
また、捏造のコメントであれ、どなたからのコメントであっても問題はなく、それに返答した内容が変わることはありません。
訪れた読者が各々自由に判断すればよろしいことで、強制している箇所は一つもありません。
したがって、その後のコメントに対して一人相撲を取られておられるようと述べたように、最初から宗教論争・議論・対決はしておらず、且つあなたの説には一切興味はなく、土俵に上がる必要は無いのです。

書いたコメントを勝手に編集されると困るのですが「トイレの落書き」だけを強調するのではなくその前も重要です。
「読者に悪影響を及ぼすだけの無意味なトイレの落書き」と書きました、そして「知識をほんの少しかじって勝手な解釈をおりまぜ(仏教については更に無知)自慢げに披露」とも書きました。
品位・程度・意地悪・悪口云々、あなたにどう思われようと構いませんし、汚い言葉で罵ったように感じたのであればそれも構いません。
ただし、これは事実であり、徹底的に厳しくそれを突きつけてあげることが優しさなのです。
相手の顔色を見て都合よく言うことが変わるような人と、間違いは間違い悪いことは悪いことと言う人のどちらがその人のためになるでしょうか?
宇宙の自然法則の道理を捻じ曲げてまであなたの都合に合わせるのでしたら、最初から口を閉じていれば良いのです。
あなたはみずからの口でみずからを暗闇に落とす恐ろしい原因を積んでいることに気づいていません。

たとえば、医学の知識を少し学んだだけで医者の振りをして実際に手術をする愚者はいますか?
ここにいるのです。あなたです。
さぁ、すでに何人の方に不幸の影響を与え、これからも与え続けるのでしょう?
その責任は必ずあなたが取らなければなりません。

次に「それぞれ霊的段階が違っているからです」と言いながら「現世の人間に霊性の上下など判らない」と矛盾したことが書いてあります。

ヤブ医者にかわって説明しますが、その前に一つ。
人に説明するときは、出どころをはっきり示し、すぐに確認できる必要があります。なぜその必要があるかといえば、抜粋された文には背景があり、本人がどのような意図をもって発信したかを知るために重要だからです。

あなたのコメントに「シルバーバーチは言っていますね?「個人攻撃はするな」。」と書いてありますが、どのような背景で発信したのか、あるいは本当にその一文があるのかさえ分かりません。

話を戻しますが、現世の人間でも霊的段階の違いは分かります。
人はどのように「あの方は素晴らしい人格者だ」あるいは「あの人はケチで性格が悪い」と判断するのでしょう?
とても簡単ですね、その人の言動や行動から判断するのです。
せっかくなのでシルバーバーチのメッセージも掲載しましょう。

<シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来より抜粋>
神(仏)を信じない人でも霊格の高い人がおり、信心深い人でも霊格の低い人がいます。霊格の高さは信仰心の多寡(たか)で測れるものではありません。行為によって測るべきです。

こんな簡単で誰もが当たり前に行っていることを、あなたはたった一つのコメントの中で矛盾したことを書いたのです。
一つぐらい致命的な間違いがあってもしょうがないですか?
そんなヤブ医者に手術をまかせたい人がいるかご自分で考えてみましょう。

また「シルバーバーチは潮文社4巻64ページで、マイヤーズの類魂説に関して全面肯定的発言をしています。」とありますが、それを肯定したからといってすべてを肯定したわけではありません。

あなたは、個人の言説の一つが正しいからといって、その方の述べることすべてが正しいと判断するのでしょうか?
シルバーバーチはこのようなメッセージも残しています。

<シルバーバーチは語る―編集者ノートより抜粋>
全てを知り尽くした存在による、絶対に誤ることのない言葉として披露するものではない。

なぜこのようなに残していくのかと言えば、何も知らないのに尊大な態度を取るあなたのような人が大勢いるからです。
すでに述べていますが、霊言メッセージを残した霊たちは仏のことを何も知りません。
その知識をほんの少しかじったあなたに何が分かるのでしょう?
何も分かるはずがないのです。

もうひとつ、あなたも下流で生活排水を垂れ流し汚している一人です。
http://japan0609.blog.fc2.com/blog-entry-238.html#comment753

悪口を散々述べ、そのたびに「トイレの落書き」みたいな品の悪い言葉を増やしていってすみません。あなたの置かれる未来の境遇を不憫に感じ書いた文章も今はそのようにしか見えないでしょうが、約束どおり一切反応せず、見ないでください。

以上

※「世界に比べて日本はどうして恵まれているのか?」から「六欲天No.10種まきのたとえ」まで読まれた方へ用意されたコメント記事です。
正見を磨くために役立てていただければ幸いです。

自分の異常な面を晒して楽しいの?

Re: タイトルなし

せっかくのコメントなのですから具体的にどこがどのように異常な面なのかを述べていただければ良いのですが・・・
ブログに述べていることはごく当たり前のことを筋道を通して分かりやすく順序よく並べています。
もしそのように感じるのであれば、あなたの心での学びが不足しているために誤解が生じていることになります。

心の成長段階は人それぞれ違うために述べている内容が同じであっても受容できる量は違います。
一生のあいだに成長できる機会があればそれも変わってくるでしょう。またそうでなければ大変不憫なことです。
何のために生まれ、何のために生きてきたのか全く分からず、日々起きる出来ごとに右往左往することに終始し終えたならば、そのあとにつづく永遠の生命活動の扉が少しずつ開いていくとき、ご自分の置かれた境遇が後悔ばかりを残す結果だとお気づきなることでしょう。

これはあなただけに言っているのではなく、大半の人々がそうなるおそれがあります。
残された時間のあいだにご自分の述べたことが非常に恥ずかしく、深い無明のために何も見えず聞こえていなかったことに気付いてくれたら幸いです。

更新が待ち遠しく毎日のようにおじゃましています。
最近は、コメント欄で学ばせていただいていました。
今、新しいコメントを発見して嬉しくなり初めてコメントしました。

Re: タイトルなし

更新後は覗いていませんでしたのでお返事遅くなりました。

一か月以上更新されなければ広告が表示されてしまうので、毎日のように訪れている方々にはご不便をかけていることと思います。
ここには各々におきる様々な問題を解決するための答えはありませんが、そこへと導く手掛りがあります。
更新されるされないにかかわらず、その意図を読み取っていただけるよう願っています。

ブログはどなたでも閲覧可能な特性上、素直に正しく受け入れる備えが出来ていない方に答えそのものを教えるわけにはいきません。一言で済むことも安全で確実なまわり道を選択しています。
意図を読み取れた方には実生活で説かれるさらに深い教えを受け入れる備えが出来るようになっています。
素直に正しく受け入れることとは盲目的に鵜呑みにすることではなく、このブログから得た正見を活かし判断することです。

ブログ内すべての返答コメントはコメントされたご本人に宛てただけではなく訪れるすべての方に向けています。

始めまして

始めまして。
お酒に酔った勢いでコメントさせていただきます。

最近毎日のように低級霊?にちょっかい出されるので
何かいい方法は無いかと調べていると
シルバーバーチ検索伝いにこちらにたどり着きました。

まだ少しの記事しか読んでいませんが、とても引き込まれます。
まだ私には早い内容かも、とか執着ゆえにでしょうか、
そう思うところもありますが、こちらを見つけることができてうれしいです。

私は寺の生まれで、得度もして仏教系の大学も出ているのですが、何も知らずに生きてきて勿体なかったなと思います。
私が私になる前、何か思ってここを選んでうまれたのかもしれないのに
あるいは生きてなかったのかもしれません。

仏教よりも、神道に興味もあったので、巫女にも就職してみましたが、
仕事ができないで馬鹿にされ、職場に馴染めず、一年半で退職しました。

私が知りたかった神様ってなんなんだろう。
なんとなくここにあるような気がするので、もっと拝読させて頂きます。

私が低級霊に揉まれながらも、
その世界に足つっこんでるのにはわけがあって、
どうしても呼びたい人がいるんです。
その人も、もしかしたら低級霊なんだろうけど、
一緒に学べることがあるなら、その人と一緒に学びたいし、
迷いたいし、一緒に救われたいです。彼に会いたいんです。
私も愚かなんだと思います。

なんにしても、こんな大切な、
生きることの勉強になる場所を見つけることができてうれしいです。
本当にありがとうございます。

Re: 始めまして

森羅万象には結果だけの事象はありません。すなわち必ず原因と縁があるということです。
人が産まれるとき両親も違えば国も違う等、置かれる環境が違います。
産まれた瞬間の各々が置かれる環境を結果とした場合その違いがなぜ出るかと言えばその結果を生み出す原因と縁があるからに他なりません。
無論、生まれる前のことは覚えていないのですから、いきなり今回かぎり人の身に入り偶然いまの境遇におかれたと原因と結果の道理を都合よく無視するのは各々の自由です。

人の脳は魂の記憶を詳細に思い出せるほどの能力はそなえておらず、その能力には限界があることを知る必要があります。
脳が表現できるかぎりの小さな意識を働かせ自我を表現しているのが実際の姿です。
しかしながら、年齢を重ねるにつれ各々の魂の記憶の片鱗が習癖・性癖・盗癖等の悪癖に出てきていることを察していただけると納得のいくことです。

たとえば、ペットショップの熱帯魚に指を近づけるとエサをくれるのではないかと近づいてきます。
魚はみずからの意識が小さく、さらに大きな意識があることなど知るよしもなく、水槽のガラス越しから外に広がる風景をおぼろげに見るだけです。
外にはさらにずっと広い世界が広がり、みずからの命が人の手により維持されていることも知りません。

人も同じです。

望む望まないにかかわらず、みずからおかした罪の償いや不足していることを学ぶ必要があるので今ここにいます。

寺に生まれ、得度し、仏教系の大学を出、巫女に就職し退職しました。
楽しいことだけでなく辛いこともあったでしょう。
しかし、あなたの魂の成長にとって何一つ無駄なことはなく、今ここにたどり着き進むべき道を修正する機会がきました。
目前にはブログの特性上すべてを明らかにすることは出来ないですが進むべき道が示されています。
読み進める中で疑問があれば遠慮なくコメントいただければと思います。

また何も知らずに生きてきて勿体なかったと思える段階に到達できたことは幸いなことです。
仏(宇宙の自然法則)の世界から見渡せば、狭い水槽からおぼろげにしか見えていない熱帯魚と変わらない存在にもかかわらず、根拠のないにわか知識を披露しはっきり見えているというような人になってもらっては困ります。

それを踏まえたうえで、このブログを通してマグナムが伝えたい意図を読み取り、まずはご自分を救う糸口を見つけることです。
自分も救えないのですから他の方を救えるはずがありませんね。

あなたは結果を変えることの出来る原因をつくる側の世界にいます。
すでに結果側の世界で生命活動をする彼にとってあなたは期待の光明となるかもしれません。

そろそろ

おじゃまします。

お久しぶりですね。
あと明けましておめでとうございます。

ここ最近、最後にみたところからしばらくの更新はなく…
そろそろ続きがみたいなーなんて気分になってます。
つまり逆に言えばまだ時期ではないのでしょうかね。残念です。

大学での生活の中で何度か定期的に過去の記事を読んだりしてますが、なかなか新たな発見があります。
実は自分に畜生的な一面があるらしいこととか、一見四悪道らしいあの人たちも努力が実ったときとかに天界らしい一面を見せるところとか。
人間に生まれてくるだけはある…と結構優しくなれてます。
おかげか今もかつてないほど美肌ですし下級生からの人気にあふれてます←

関係はあまりありませんが、またぼちぼち更新始めたのでよろしければ遊びにいらっしゃってください(利己的)。
お忙しいのかな…とは存じておりますが。
お体にお気をつけお過ごしください。

Re: そろそろ

来年の明けましておめでとうが刻々と近づいて来ていますが久しぶりに元気な声が聞けて嬉しいです。

かつてないほど美肌に磨きがかかりリア充の環境が整いつつあること嬉しく思います。
相手は美肌だけでなくそこから漏れるパッと明るい光明の美しさを心で感じているものです。
これからも爆発しないよう日々の言動・行動を冷静かつ大胆に積み重ねること期待しています。

日々の生活の中でさまざまな縁に対してとった言動・行動について内省すること、さすが人間に生まれて来るだけのことがあるということに思いが及ぶ人々が世界中に何人いるのでしょうか・・・

積もりに積もり盛りに盛られた煩悩に覆われ、正しく聴き、正しく物事を見ることの出来ない人々が次から次へと生まれてくる末の世です。
すでに始まり、これからもずっと続いていきます。
しかし、このような人々が創り出す恐ろしい環境の中でも正しい仏への祈りから智慧と叡智を獲得し仏界へといたる者もいます。

ブログの特性上、明確な方向を示した訳ではありませんが自らの幸福、国の平和へと繋げるために各々が出来ることを書いてきました。
聴く耳のある者の言動・行動に期待しています。

記事の更新はありませんが返答コメントがそのかわりを果しており、その時が訪れましたら化楽天の死相について書きます。

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
時々、おじゃまして読み返しております。

今年の初詣もなかったことのように話も出ずスルーしました。しばらくはこのままいけそうです^^
元旦の太陽を見てピカピカだと感じたのですが、気のせいでしょうか?日の出も日の入りもピカピカだなーと。そして、今日もいい天気ですね。

魂の成長を心掛けて、少しづつですが、変化してる気もします。
一番は、怒らないこと、イライラしないこと、これは大きいなと実感しています。
次に、今やるべきことをちゃんとすること、今の環境で自分がやるべきことは身近にいっぱいある?小さいことだけど、どう対応するのかで変わってくるような気がします。睡眠欲とかには負けてしまいますが^^
課題や悩みがないわけではないですが、穏やかに過ごせています。

身体的な悩み?でひとつ。。。
私は一般的に言うアトピーがあります。大人になってから出てきた口です。
一時期は顔や手先などがひどくて、痒いは痛いはで大変でしたが薬も塗らず10年以上かけて、少しづつよくなってきました。
今は、顔や手にはでなくなりましたが、まだ腕と足は出てきます。
腕も治っていたのですが、このブログを発見するちょっと前ぐらいから右腕だけ復活して、痒くなる→掻く→汁が集まってくる→しばらく汁がでる→枯れて瘡蓋になるを延々と繰り返して、いつも傷だらけです。
でも、見た目はひどい傷ですが、そんなに痛くはありません。不思議ですが、自分から開けた傷は時間が経てはきれいに治るんです。
今やっと少し小康状態ですが、もう少しづづくのかなと思います。

何がいいたいのかいうと、この汁って、体から不純物が吹き出してるのではないかと思っています。
汁が出た後のすっきり感は、薬で抑えようとするのとは全く逆で、本当にすっきりします。
その不純物が血液の汚れなのか?魂の穢れの何かが体から出てるのかわかりませんが、そんな気がします。
そして、それを許されているような気もします。
夏はちょっと腕を出せませんが、それ以外は苦になりません^^(痒みなくすべすべのお肌になりたいですけど^^;)

今、皮膚トラブル人は多いですよね。人ぞれぞれ、出方も痒みも違うものですが、何か共通点があるんでしょうかね?
まだまだたんまり体にある不純物を生きている間に出せるだけ出しちゃえと思ってます。(ただし、少しづつ・・・)

最後に、最近やっと、感謝という言葉を素直に受け止められるようになってきました。
まだ口に出すことはできませんが、心で毎日感謝できるようになりたいと思います。
マグナムさんにとって素敵な一年になりますように。
更新、首を長くして待っております♪

Re: あけましておめでとうございます

返事が遅くなり申し訳ないです。

明けましておめでとうございます。

去年につづき今年も災いをまねくだけの何の利益もない無意味な宗教行事に参加されなかったこと嬉しく思います。
一人くらい参加しなかったからといい急にすべてが好転するわけではありませんが、そのたった一人も環境を創りだす大切な一員です。
果奈さんは家族がいますのでさらに影響力をもっています。
そのような人々が増えることで伝統文化を隠れみのにした新興宗教は衰退から廃絶へと進み、それと歩調を合わせ世の中がさまざまに好転し気候は穏やかで自然災害の規模も小さくなって行きます。
これはマグナムが勝手に語っているのではなく誰も逃れることの出来ない原因と結果の法則の上に成り立つ道理なのです。
去年と今年にとった行動がみずからの幸せだけでなく周りの人々の幸せにもつながっているということを改めて感じていただければ幸いです。

賢明な者はさまざまな出来ごとに愚痴をいい言い訳ばかりをすること、思い通りにならないことにイライラし怒るという行為をしたところで、実はみずからの置かれた境遇から一歩も前に進まないことを悟ります。
アトピーになったことで痒みや痛みや人の目に触れることに耐えなければならない不便があります。
しかし不便か否かは本人の心しだいで、その生活をつうじてお金では買えないものを学び取ることができれば不便ではなく仏からの励ましの贈りものとなります。
学びがみずからに不足していたところを埋めていくとき、その症状は緩やかになり全快してしまうこともあります。
このブログにたどり着き何かここに歩むべき道の手掛りがあるのではないかと誰もが感じ取ることはできません。
魂のアンテナが洗練され受け入れる準備が整った方だけがそのように感じるのです。
それではどのように洗練するのでしょう・・・
それは果奈さんがここに書いてくれましたね。
アトピーは仏へと近づく布石の一つですが、マグナムが望むスタートラインにはまだ立っていません。
完全無欠の仏に成るための手掛りを書いたブログですから、その機会が果奈さんに訪れることを願っています。

「太陽の本当の姿、太陽の霊体の光輝を、あなた方はまだご覧になったことがありません。あなた方が見ているのはその本体のお粗末な模造程度に過ぎません。ちょうど月が太陽の光を反射して輝くように、あなた方の目に映っている太陽は、私たちの太陽のかすかな反射程度に過ぎません。(シルバーバーチ霊)」

各々の肉眼へとふりそそぐ太陽の光の強さはさほど変わるものではありません。
あまり長く直視すると目が痛いだけです。
しかし太陽を見ているのは肉眼だけではなく心も一緒に見ています。
その心がピカピカしていれば太陽もピカピカしているように感じるのではないかと思います。
心の状態一つで太陽の光の強さが同じでも感じ方に違いが出るのは面白いことです。
仏の教えも同じように、広く説いても耳には入るがピカピカと感じてくれる方もいればただただ退屈で聞き苦しいだけとなります。
やはり目と耳から入る情報を受け取る心が一番大切なことがよく分かります。

仏に近づくほどに心の不足は埋まり清浄となること、これが御利益です。

お久しぶりです

おひさしぶりです。
以前はまだ夏でしたが、お返事を頂けてうれしかったです。

熱帯魚のたとえが、衝撃的ながら、魅力的でした。
どうしても美しいっていうイメージが強いのですが、あの子たち(私も)
生かされてることや、それ以上のことはよく見えてないのですよね…。

いつも、私達は生かされてる、生かされてるとは聞きますが、
そこでも何かはっきりしないものがいつもあります。
不快ではないのですが、その先にあるものが深いので、いつも先延ばしにしてしまっています。
そのうち分かるんだろな、とか、なんとなくでしか見てないんです。

実は今まで、お返事を書き込ませて頂こうかずっと悩んでおり、
本日、お葬儀のお勤めをさせて頂いてなんだか、考えるようになり、
よし、マグナムさんとこ書きにいこう!なんて思ってしまいました。
(相変わらず勢いで申し訳ないです。orz)

マグナムさんの記事で葬式仏教という回もあります。
そのことをお勤め中、思い出してしまったのです。
わたしたちのやってるかたちの「供養」って正しいの?って。
お経は、シルクロードを渡ったサンスクリットの音写だと習いました。
ましてや私も完全理解してないのに、こんなので伝わるの?かと。
音読してうたうだけなら、教えられれば、だれにでも可能なことです。

こうまで言うとファンタジーに入るのですが、吸血鬼たちに十字架を見せても
効果があるのは、元キリシタンだった方だけなんて話があります。
仏さま神さまグッズ見せただけでハイ浄化なんて、そんな簡単な話ないですものね。

葬式の供養の話に戻ります。生前、仏教をかたちだけでも大事にしていた人は喜ばれるかもしれませんが
そんなのでは、根本的な僧侶のお仕事とは思えません。
生前の人格を喜ばすことができたとしても、何もなかったら、なんのための僧侶かと思います…。
御葬儀のお勤めを終えて、「こんなのでいいの?」という疑問がわいています。
私達って僧のふりして僧でないのかな…と。

授業では、葬式は亡くなった人のためではなく、残された人のためのものと教えられましたが、マグナムさんのブログを含み、色んな方の話を読んでると、
そうでもないのかなぁとも思います。
「自分に何かできると思ったら大間違いだよ」なんて、よく姉から叱られるのですが、それも確かにそうだなとも(優柔不断ですみません><。)

嘆かわしいことに、心に渇きや怒りが現れたとき、
わが宗祖に疑問を持ちます。
誰かを許せないでいる自分が分かった時、
誰かに許されていない可能性が大いにあり、
悪人成仏なんて、ただの理想論でないかって、悲しくなります。
恨んだら恨まれた倍に地獄で苦しむんだよ、と、むかし教えられたからです。
自分の宗派が、それが仏教なのか、どうなのか、疑問なのです。

私がマグナムさんのブログに会えたからには、何か自分にも
やるべきことがあるからだとも思っています。
私のなるべきかたちがあるのだと思います。
このお寺のことはとても大事で、間違いだらけだったとしても捨てられません。
だから、おっしゃるように、修正をめざし、せめて本当の仏さんの気持ちに近づきたいです。

あと、どこの階層の者かも分からない彼のことを、頭ごなしに否定せずに、
私なんかですら、彼にとって光になれる可能性を教えて下さってありがとうございます。
とてもこころ励まされました。
今では、まだまだスタートに向かって準備してるだけですが、
時々マグナムさんのこと思い出しながら、できることを考えています。

マグナムさんのことも応援しています。
よろしくお願いいたします。
まだまだ寒いですが、お体にお気をつけて。

以下余談です☆
マグナムさんも猫さんお好きだと察しましたので、ほんのちょっと書かせて頂きますね。

最近愛猫が三年ほどぶりに一緒に眠ってくれるようになりました。
(巫女に就職する直前まで、霊障?”いつも黒い煙が見える、毎晩のように金縛り、誰かに見られていると錯覚、原因不明のめまい”に毎日悩まされた時はなぜか、部屋に寄り付きませんでした(@@;))
すぐそばでくっついて眠ってくれて、暖かくてふわふわでしあわせな気持ちになります。(´`*)
気を遣ってくれるし、私達人間に合わせて人間みたいな寝方してくれたり。
お年寄りの犬さんをいたわっているのか、ぺろぺろしてるところ見ると、優しい子やああっと感動します。
(いや、のろけ書き込みたいんではないんです><。)
いつもいつも「ありがとう」って思います。
ふと思うのは、「この子たちにしてあげられる最善のことってなんだろう」ということです。
私もこの子たちのおかげで幸せなので、
この子たちにも幸せなにゃん生、わん生を送ってほしいし、
この子たちの魂にもそう思います。

他の人の説で、人間以外の魂は、
なんとかグループという神様の素材世界から作り出されて、命を終えたらそこに還るという説、
人間以外の魂でも、私達と同じ輪廻の中、畜生階を生きている段階という説、
を見ます;
どちらだと思うとよいのでしょうか><;

どちらにしても、うちに来てくれてありがとう!という感じですけどね^^

ほぼ暴走気味で、長文失礼しました!><

まだお返事を頂いてないのに、再コメント失礼します。
前回のコメントが恥ずかしいのと、ひとつ分かったこがあったので、報告とお詫びを書きにきました。

霊障だとか、ちょっかいされるとか、色々思って書いておりましたが、これも、自分のとある気持ちが大きく引き寄せてしまっていたことに気付きました。

それは憎悪です。私自身の。

大切に思っていた何かを、
こころから呪ってしまったとき、
決まって自分の身の回りで不気味なことが
立て続けにおこり、気持ち悪いのが見え、
愛する猫に避けられ、体調を壊します。
呪いが自分の中で内部破裂してしまっていたのかもしれません。
(しかも長引く)

今になって振り返れば、
『そうじゃないだろう?』
と叱られていたようにも思えます。

私が私の身で生まれる前、様々な輪廻を回ってきたのでしょうが、たぶん餓鬼だった頃の感情が色濃く残っているようです。しかし、そんな自分の本質に対抗するように、同時にときどきそれとは正反対なことを幼い頃から試みてきました。

思っている以上に魂は奥深く、私たちに認知できない、現世に懸けた願いがあるのですね。

それを願いだなんて一見人格がありそうな綺麗なことばで言ってますが、転倒すれば大きな報復の支払いをしなくてはいけない因果率のことを、都合の良いような解釈で思い込んでいるだけなのかもしれませんね私…orz

(もうひとつ、宗祖なんて単語を前回のコメントで使ってしまいましたが、本来はそんなふるまいをしてはいけないものでした。自分が勉強してきたものすら100パー理解できてないのでした…)
御布施を受け取ること対して疑問を持っても、それで生かされてきた事実は変えようがなく、怖いです。
ここから、どのようにして正しさに近付けるのかまだまだ勉強が足りない私です…。

そして、マグナムさんは猫が好きというより、動物が好きなのですね。
ときどき掲載されている、猫や鳥、子豚の写真癒されます。

Re: タイトルなし

本日ブログを訪れる機会がありました。
二つのコメントに対し合わせてご回答します。

ブログ記事、六欲天No.9神道・神社信仰2の中にありますが、
「お前はやってはいけないことをしたんだ、わかるか?一番の背徳行為は今現在のお前だ」
「このたわけがまだわからないのか?世の中には暗黙の了解で見てみぬふりしなきゃならん裏側ってのがあるんだよ」
このコメントは宗教を生業とする同業者・熱心な信仰者にとって非常に都合の悪い質問なので怒号が聞こえてきそうです。
マグナムがそちら側であれば「宗祖の教えにしたがい精進していく中で少しずつ答えを見つけていくことであり、まだまだ学ぶことが多いのですからそれに疑問を持つことは救いを求める人々に対し示しがつかず僧侶として慎むべきことです。素性の知れない者の言うこと、つまらぬ疑いなどおこさず信じぬく心が大切です。」と、信仰心と立場をあおりながら丸め込みます。

他の方のコメントに対しての返答も読まれていることと思います。
中には非常に厳しい言葉での返答もありますが、それはこのままでは崖から足を踏みはずし奈落の底へと落ちてしまうのを知っているからに他なりません。
大切な家族がそのようになっているのを見たらどうでしょう?
遊び半分で優しく声を掛けている場合ではないですね。

そこでですが、トップページに不向きな方について「宗教脳・傲慢・頑固・利己的・年寄り」をあげました。
六欲天No.10種まきのたとえの記事の中には「見るには見るがわからず、聞くには聞くが悟ることはありません。」とあります。
そして、向上心のある方のみ閲覧No.0の記事の中には「最後まで素直に耳を傾ける二割のさらに二割のごくわずかな人だけが知るでしょう。」と、

このブログはある一定の魂の進化に到達した方々に仏の真髄へと導かれるよう段階的に記事が組み立てられています。
適当に言葉を選び、文をつくり、記事を並べたわけではありません。
記事は誰にでも読めますが、それが正しく読めるか否かは各々の魂の進化の程度と思想により決まり、ごくわずかな人だけが道標を読み間違わず仏の真髄へと導かれます。

実際すでに導かれた方がいるはずです。
ただ、コメントはなさらずに外から見守り、記事の内容を読み返しそれと相違ないことを確認していることでしょう。

「進むべき道を修正する機会」と「ご自分を救う糸口を見つけること」とありますが、これはお寺と間違った宗教的知識をすべて捨て、そのあと素直に受け入れる備えが出来たときに歩むべき道が示されるという意味です。
歩むべき道とは仏に近づかんとする道であり、そのためには仏の真髄を知る必要があります。
みずから仏に成る方法を知るのですから、当然、畜生界の生命であれ霊界の生命であれ仏に成る道へと導くことができます。

置かれた境遇を変えることが非常に困難なことは重々承知の上で前回返答しました。
もし修正の道を進むのであれば大変な勇気を試されることが分かっています。
もちろん宗祖共々、人々をあざむき続けることを選択なさることも自由です。
六欲天No.6兜率天(とそつてん)の記事の中に「牛飼いの女性が利益を得るため牛乳に二割の水を混ぜて他の牛飼いに売り云々」とあります。
本物の味を知らない宗祖自身が薄い牛乳を購入したことから始まり、それをさらに薄めて人々に売りつけるも本物の味を知る者たちにその悪事を指摘されます。
しかし、売れなくなることをおそれて頑なに偽装を認めず味の知らない人々をあざむいてきました。
何宗とはあえて述べませんが、もともと宗祖が経典を読み間違ったことから始まります。
その後、仏から遣わされた者たちにより間違いを指摘されたことがあったはずです。が、認めず保身し伝え繋ぎ今に至っています。
また自由とは述べましたが、その責任は必ず取らなければなりません。
詳細を述べますと、まずその宗派に縁した人々が仏の真髄を知ることができず、仏に成る道を完全に閉ざされてしまうことにあります。
そのため仏の智慧と叡智を獲得することかなわず、さまざまな煩悩にまみれた魂で物事を見聞きし行動し、それによりつくられた環境にただただ流されて一生を終えていきます。
その後の境遇が安らぎに満たされた幸福な住処であるはずもなく、みずからの短所が赤裸々となり完成とは程遠い結果の世界が広がることとなります。
結果の世界が広がるとは、さまざまな短所が衆目にさらされることに耐えきれず奔走するが、どこへ行っても居場所を見つけられず苛立ちと愚痴ばかりがこぼれ行き場のない怒りと不安と恐怖に縛られている姿を表しています。

頑迷にその宗派と間違った宗教的知識を捨てなかった結果ですが、その教えを説き守り伝えてきた者たちが一番悪いことは明白です。
また、同記事の中で「霊格が高い人、及びどんなに立派な僧衣をまとっている人も、仏の正しい法に逆らう宗教の祈りでは何の効果もありません。」と述べ、
どのような説明が効果的か、いつも迷うの記事の中に「祈りとは大霊(仏)に近づかんとする魂の願望です。祈りとは自己の内部の大霊(仏)を顕現せんとする願望であり、その行為が魂を開かせ、それまで届かなかった界層まで至らしめるのです。」とあるように、祈りにより仏に近づかんと願ってもその智慧と叡智を一切獲得することはかないません。

以上のことから人々をあざむいた責任についてまとめますと、
魂の成長を阻害したことにより既に煩悩まみれの人々の手で、その影となる世の中がつくられ、それにただただ流され争い混乱する不憫な人々に対しての罪業が一つ。
その人々が更に煩悩まみれとなり死後に置かれる悲惨な境遇に対しての罪業が一つ。
仏の法に逆らう教えが守り伝え広がることにより未来の人々が同様の不利益を受け続けることに対する罪業が一つ。

それらの人々の姿を見るたびに刹那も休まることのない想像を絶する悔恨の念に苛まれること宗祖から終わりが見えず続いていることです。


永遠に輪廻を繰りかえしいつまでも新たな苦悩と苦痛を生み出し続けることも今世で勇気を示すのも自分次第です。
黒い煙や金縛りから気持ち悪さや恐怖を感じ取ったことから教訓を学ばなければなりません。
物質界で受ける苦悩と苦痛は過去におかした所業に対し小さく軽いものです。
例えば、ハンマーでおもいっきり指をたたいてもピークの痛みがいつまでも続かないように、或いは生きるために仕方なく取りつくろう仕事上の人間関係もそれが終われば解放されるように。
肉体という牢に入れられ、物質という壁で仕切られ、小さな鉄格子の窓から外を覗き、本当の自分のほんの一部分しか意識していないおかげです。
この身体から抜けたらどうなるか・・・
伝えたいことは何となく想像していただけると思います。

生かされてることと、人間以外の魂についてと、動物好きについてもお話ししたいのですが、長くなりますので重要なことのみとしました。
要望あればまたの機会にします。

最後に、
六欲天No.9神道・神社信仰2より、
「筋の通らぬ勝手な訓えを説く宗教家は、動機がどうあろうと、人類とその文明に大きな障害を築いていくことになり、罪を犯していることになるのです。」

連休(汚い話が含まれるのでお食事中の方は済ませてからにしましょう。)の記事より、
「今あなたが味わっている結果を生み出した原因は過去にあります。しかし同時にあなたは、これから結果を生み出す原因を今作りつつあるのです。」

知識に磨きをかけるNo.2の記事より、
「真理(仏の法則)の指し示す所へは臆することなく突き進み、間違いと分かったものは、たとえ何千年ものあいだ金科玉条として大切にされてきているものでも、潔く捨て去る勇気がなくてはなりません。」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。