スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ迷惑行為や非人道的な行為が出来るのか?

要約:因果応報崩壊の度合いは価値観劣化に直結する。
因果応報崩壊の度合いは価値観劣化に直結

 ブログを休んでいた一ヶ月の間に色々なことが起こりましたね。

消費税増税法案が衆議院で可決したり、住民税が増税になったり、電気料金も値上げするようだし、国民を苦しめる不幸はまだまだ続きそうだ。
 
事件の方では、京都市の救急隊員が搬送患者の金をポケットに入れたり、北九州市の住宅街倉庫でロケットランチャーが見つかったり、大阪市西成区で暴走ワゴン車が次々と歩行者をはねたり、東京都福生市のJR青梅線福生駅で自己中野郎がホームから男性を突き落としたりなど。

ホームで、最前列に並ぶのは避けるようにしなければ・・・東京ヤバイです。(´・ω・`)

又、寝ている女性の左胸を刃物で一突きにした浦安女性看護師密室殺害事件や被害者男性を刃物でメッタ刺しにし、更に自転車で逃げる女性を後ろから刺し殺した心斎橋(しんさいばし)刺殺事件は人命を軽視する風潮が高まっている延長線上のできごとである。

そして大津市のイジメによる中学生の自殺は、世論が後押しをしなければ事の重大さを理解できない腐った大人達が炙(あぶ)り出されている。
被害者の父親が三度にわたり大津警察署に被害届けを出したにもかかわらず受理を拒否され、学校側・市教委が連携して事件を隠蔽しようとする姿勢から、これは某宗教団体のお家芸ではないかと勘繰りましたが違ったようだ。
 
本日の「なぜ迷惑行為や非人道的な行為が出来るのか?」についてだが、

それは「神仏を信じないため、死後に罰を与える地獄が無ければ、生まれ変わりも無いからである。」

上文を読んで当然、神仏や地獄など存在しないと考えた方は、人生を踏みはずす可能性が非常に高い。そのように考える人間は、教えなかった親がそうであったように、そのまた親もそうなのかもしれないし、先祖代々どこかで途切れたのかもしれない。
 
因果応報崩壊の度合いにより、徳を積もうとする考えは次第に薄れ利己的になり、災難や不幸なできごとに迷いを生じやすく原因を周りに求めはじめる。
 
ゴミ・タバコのポイ捨て、騒音、嫌がらせ、公共物破壊などの迷惑行為は、親の躾けが悪いからと考えるのが一般的だが、根は同じことだと知らなければならない。

神仏から遠ざかる背景には新興宗教の氾濫が大きな要因だが、だからといって何も考えなくても良いということではない。
 
己の人生と正直に向き合うのも、今が楽しければ良いと嫌なことから逃げ物事を損得のみで判断する自己中心的な生き方も、各々が決めることだが、後者を選べば先祖代々培われた日本人特有の価値観から遠ざかることになるだけではなく、人として生まれてきた根本的な理由を知る機会を失うでしょう。

 ▽続き→

スポンサーサイト

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こどものころ

雨がトタンを打っています
雨の日がだんだん好きになって来ました
いや、昔から好きでした
ダイビング(エアータンク潜水)行で
雨が降り潜水を中止したこともありました
折角伊豆まで出かけても海には入れませんでした
で、温泉で宴会です
まっいっか・・・・です
大きな雨傘とお風呂椅子
あと缶ビール、これらと一緒に防波堤に行きます
二時間ほど海を眺めます
ザザッ~ンッ
海が言いました
「のんびりいけや」・・・・・・そうします
雨音と打ち寄せる波の音
『水』のお陰で穏やかでいられます
ありがとうございます
お師匠さんがウナブログを見てくださいます
雨音のように感じます。

Re: こどものころ(ウナさん)

自分を取り巻く環境が縁となり、瞬時にさまざまな感情が生じます。

雨も良いものだと捉えるか、思い通りにならなかったことへ苛立つか、決めるのは自分です。
嫌な気分になりたくなければ前者を選べば良いのですが、なかなか難しいものです。

一言で「心の余裕でしょ」と言ってしまえば済むことですが、それではその余裕はどこから生まれるのでしょう・・・実は、それに大きな影響を及ぼす要素は金と時間だけではありません。

人それぞれ魂の進化が到達している基準があり、それを基調に物事を見ています。
同じ風景、同じ音にもかかわらず、魂の状態により目に映るもの、聞こえる音の捉え方が変わるのです。

例えば美しい花を見て「きれいだね」とおのおの言葉に発しても、花から感じ取れる感情は一様ではなく、魂が進化するほど言葉に表現しきれない素晴らしいものを受け取ることができます。
雨音と打ち寄せる波の音も同じです。

これが誰も盗むことの出来ない天に蓄えている宝のほんの一部です。
霊界に戻れば、さらに実感となり、霊界が人間界で積んだ原因に磨きをかけて完成させていく実在(結果)の世界だと悟ることになります。

水に関連してもう一つお話ししますが、釈迦が弟子たちに説いたところによると天界に流れる川は清浄で身を浸すと寿命が延び視力が何百倍にもなり遠くまで見渡すことができ、地獄の川はヘドロのように汚れ酷いにおいを発しているそうです。
そこへ住む霊たちの魂の進化の状態が環境をそのようにします。

地球も見渡せば同じです。
プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。