スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣樹地獄(けんじゅじごく)

hell_025.jpg

 <起世経>によると、この地獄の樹木は一由旬(ゆじゅん:約7キロメートル)ほど高く、トゲの長さは十六寸(約48センチメートル)あり鬼卒は罪人の腕をつかみ剣樹に登っては落とします。

 剣樹が罪人の腹や背・肉や皮膚に突き刺さります。

 生前に色恋沙汰が絶えず、相手をもてあそんでは捨て家庭を顧みず妻に死ぬほど辛い思いを与えた者が、この地獄に落ちます。

 また、罪人にはその樹が微笑む女性に見えるため、そのしなやかな姿と甘い微笑みに直ちに邪念を抱き、剣樹に駆け寄ります。

 刀のように鋭利な葉は、まずは肉を、そして筋を、次に骨を、さらに髄まで切り裂きます。

 しまいには全身が粉々になるまで裂かれますが、風が吹けば再び生き返り、また樹に登ろうとします。

 罪人が女性に近づこうとすると彼女はすでに地上にいて、媚びるような眼差しと美しい声で罪人を招きます。

 罪人は我慢できず、女性を手に入れるために下に降りようとします。

 そこで再び剣樹の葉に肉を刺され、筋・骨・髄・脈を切り裂かれます。

 このように罪人の体はバラバラになりますが、生き返っては樹に登ったり降りたりを繰り返します。

 このような情景は見る者を震撼させます。

 この悲惨な因果の報いからも分かるように、淫欲の害は無量無辺です。

 短い人生ですから、その体を有用に利用して世のため人のためになることをしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。