スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の床地獄(ひのとこじごく)

hell_002.jpg

 火の床地獄は、まるで人間の鉄板焼きです。

<経律異相>によると「邪淫を犯した者は、男なら柱抱き地獄へ女なら火の床地獄へ」とあります。

 また、<正法念処経>には、「殺生を繰り返したり、衆生を焼く、あぶる、炒る、煮る、蒸す、燻製にすることや、小さい虫の命など何とも思わない者は、死後はみな、この地獄に落ちる」とあります。

 その苦しみや期間の長さは、人の創造を絶するものです。
 
 例えこの罪を償ったとしても、他の罪業を犯した場合は、再び別の地獄に落ち、全ての罪を償うまで罰を受けます。


 ※衆生とは、この世に生を受けたもの全てを意味する仏教用語。特に、業の深き人間を指すことが多い。
スポンサーサイト

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。