スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田小学校児童殺傷事件は創価学会員の犯罪

宅間死刑囚

2001年(平成13年)6月8日に大阪府池田市で起こった小学校無差別殺傷事件です。<Wikipedia_附属池田小事件

まずこの事件について述べる前に、加害者、被害者を悪戯に煽るつもりが無いことを宣言致します。

10年前の事件をなぜ今頃?と思われるかもしれませんが、
信者の方、そうでない方にも創価学会が非常に危険な団体だと再認識して頂くために取り上げます。

創価学会の方が読まれ、「私はそんなことをしない!!一緒にしないでくれ」と思われるでしょう。
しかし自分が所属する団体に凶悪犯がいた事実を知るべきです。

・事件の概略
 大阪府の大阪教育大学付属池田小学校に包丁を持って侵入した宅間守は、児童20人と教職員3人を次々と刺し、男児1人と女児7人の計8人の命を奪いました。
詳細1><詳細2
 文部科学省は、遺族に総額約4億円(国民の税金)の損害賠償<大阪・池田小乱入8人刺殺事件、遺族に4億円

・犯行動機
 「今迄散々不愉快な思いをさせられ、何もかも嫌になった。自殺しても死に切れない。いっその事大量殺人をして死刑に なりたい」

・在日朝鮮人による犯罪?
 宅間守は通名で朝鮮部落出身ということだが、確実なソースを探せませんでした。
 ネット上に多くの記載があることから、事件当時はソースがあったのではないかと思われます。
 現状、在日朝鮮人による犯罪とは言い切れません。

・宅間守は創価学会員
 かつて犯人宅間守が暮らしていた部屋には、学会の本尊があることから間違いなく信者です。<宅間守の部屋
 死刑判決確定後に、宅間守は支援者の女性と出会い、獄中結婚。再婚相手は創価学会員らしい(発行された本に記載)

 最後に、
 死刑確定から約1年後の2004年9月14日8時16分、宅間守は大阪拘置所で死刑を執行された。享年40。
 葬儀は創価学会ではなく大阪市内のキリスト教関係の施設で行われた。

あいさつ (〃 ´  ▽  `  )ノ"へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

プロフィール

マグナムやまと

Author:マグナムやまと
危険な宗教団体廃絶
無明から光明への道標

以下、向上心のある方向け

このブログはスピリチュアリスト、または特定の宗教団体に導くものではありません。

ネット上に氾濫する宗教・スピリチュアリズム・心の探求などの誤った情報を正していくことが目的である。

心と体の関係を正しく理解することで次第に悪因を作ることを止め、生老病死を恐れず、精神的豊かさを手に入れることを目指す。

精神的豊かさは、魂の成長を意味する。
魂の成長は、死後の世界を決める。
地上生活は原因、死後の世界は結果である。
善因を作るのも、悪因を作るのも己である。

神々も含め、誰であろうと原因結果の法則から絶対に逃れることは出来ない。

カレンダー(月別)
02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。